dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カンタムロボの異常な愛情


「変わらないものだな・・・生まれついての演算能力というやつはッ!」


カンタムロボとは、「クレヨンしんちゃん」のアニメ、マンガの中で放送されているアニメ、つまり「劇中劇」。
アニメでは過去に三話放送されているらしく、上のはその最終回。
(他2本も探してみたけど、コレしか見当たらなかった)



放送時は、劇中劇とは思えないクオリティーの高さと、やたら気合の入った戦闘描写で
一部マニアに大ウケした(妄想混じり解説「超電導 カンタム・ロボ」より)。

なんでも、製作スタッフが本気になりすぎて、
上から「カンタムロボはもうやるな」と釘を刺されたらしい。





もう1つ紹介したいのがこのサイト↓

>>>【妄想混じり解説「超電導 カンタム・ロボ」】


「劇中劇」のはずなのに、異常なほど詳しいファンサイト。
あらすじ、全ロボ、全技の解説、基本設定から特集が組まれた雑誌まで網羅してる。


>●カンタムハリセン
 肩口より射出される超カンタムの必殺武器。必殺技は「ハリセン・アタック」。
 「いーかげんにしろー!」の叫びとともに繰り出される鋭いツッコミで敵ロボットを一刀両断に切り伏せる。


しつこいけど、あくまで「劇中劇」。
アニメも、3話合計で30分以下にしかならないし。


それでもここまでサイトを作りこんでしまうエネルギーは何なんだ?

案外、こういうところに「ものづくりの楽しさ」の秘密があるのかも




あと、コレ欲しい↓

>●ホビージャパン 2001年6月号
 「速水仁司のスーパー3Dショウ」のお題としてカンタムが登場。
 速水仁司氏制作のカンタムロボとカイザムロボに加え、淵知信氏(ゲッターロボのGKで有名)制作の
 超カンタムロボ、山口勝久氏(言わずと知れた山口可動の人)制作の究極カンタムロボまで
 見れてしまうものすごい企画ページとなっておりました。
 こちらも、模型誌・アニメ誌を扱っている古本屋なら入手できる?



関連>>>カンタムロボのMAD見つけた
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-10 15:44 | 動画
<< 最近買ったモノ ウェブカメラPV >>