dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「コンピュータソフトウェア著作権協会」事務局長が自身のAAを作った2ちゃんねらーを捜索中、他
最近気になったwebに関するニュースをいくつか紹介。


>>>「コンピュータソフトウェア著作権協会」事務局長が自身のAAを作った2ちゃんねらーを捜索中

ちと長いけど抜粋↓


>コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の久保田裕事務局長が、
 自身をモチーフにして作られたアスキーアート(AA)の作者を探している。
 2ちゃんねるに投稿されていたAAを気に入っているといい、
 「ぜひ、作者に許諾をとって何かに利用したい」としている。

>ACCSによると、「記号の集積によって作成されるAAは、絵を描くことなどと同様、
 表現形式の一種」であり、AAにも著作権はあるという見解だ。
 他人が作ったAAをまるまるコピーして利用する場合は著作権法上の「複製」に当たり、
 創作的な意図を含むアレンジを加えたAAの作成は「翻案」に該当するという。
 複製や翻案を行うためには、著作権者=AA作者の許諾が必要になるという解釈だ。

>AAを利用する場合には、オリジナルを作成したAA作者から許諾をとれば利用可能だ。
 しかし、アニメキャラなど既存の著作物を元にしたAAの場合、
 既存著作物の翻案による「二次的著作物」とみなされるケースがあるため、
 既存著作物の著作権者とAA作者の両方の許諾が必要になる。
 どこまでが複製で、どこまでを翻案とするかなど、具体的な詳細については
 「実際の裁判にならないと判断が難しい」としている。

>ACCSは、久保田氏のAA作者から利用許諾を得たら、シールを作って名刺に貼るといったことを検討中。
 オリジナル作者はACCSに連絡をしてほしいと呼び掛けている。

e0149229_16471457.jpg
e0149229_16472374.jpg




もともと、ウェブ上での著作権を扱う事務局長だけに、2ちゃんねるでは
「罠だ」「見つかったら消される」なんてコメントも。



以前もちょっと書いたけど、AAは不特定多数のコメントの中からコピー&改変を繰り返して生まれたものだから、
「誰が製作者であるか」という特定が難しい。しかし結局「そんなことどうでもいい環境(2ちゃんねる等)」でしか
使われなかったため、特定されなくても成立していたし、必要も無かった。

言い換えると、それは「その環境以外では成立しない」ということではないだろうか?


AAに著作権がどうのこうの言う行為は不毛である。それは、外国に自国の法律を押し付けている行為に似ている。


関連過去記事>>>「AA文化」と「思い込みのエネルギー」





>>>常識破りの番組購入方法でヤフーの動画配信が黒字化へ

抜粋↓

>これまで動画配信サービス会社は、たとえばハリウッドの人気映画ならば、
 権利を持つ映画会社に事前に数百万~数千万円も支払っていた。
 映画以外のコンテンツも同様に前払いだった。

>人気作品を購入するのは必要なことだろう。しかし、購入時点では、
 それに見合った広告収入が入るかはわからない。
 事前に巨額の費用をかけるこの構造が、買収した時点で、GyaOを赤字にしている大きな原因となっていた。

>そこで、ヤフーはこの商慣習にメスを入れた。事前に一括ではなく、動画が見られた回数によって、
 権利を持つ会社に、事後に利用料を支払う方法に変更したのだ。

>当初は猛反発を受けたが、川辺社長と営業部隊が数ヵ月にわたり映画会社などの説得を続け、
 現在、同意した会社は大手映画会社やテレビ局をはじめ70社を超えている。



アイデア自体はそこまで斬新さは感じない、というか「見た回数だけ金払うって当たり前じゃない?」と感じてしまうが、
この場合、「常識を破った」ことがyahooの力なのかも。
例え正論でも、ある程度の力がないと受け入れてもらえない、ってことだろうか?わかんないけど。




その他
>>>TBSとテレビ朝日 ユーチューブで番組配信



via>>>アルファルファモザイク
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-10-01 17:31 | 雑記
<< iidaのCMがかっこいい ゲームの効果音を自分の声で >>