dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
話題の「セカイカメラ」、秋葉原での様子 & 電脳コイル
周りの(一部の)友人の間でも話題沸騰のiPhoneアプリ「セカイカメラ」。
その秋葉原での様子。エアタグの嵐。





ちなみに、やたら目に付く「姉ヶ崎」っていうのは話題のバーチャル彼女シミュレーター「ラブプラス」のキャラクターらしいよ。


>>>ラブプラス
e0149229_16572727.jpg


(wikiより抜粋↓)
>ラブプラスの最大の特徴として『ときめきメモリアル』等といった従来の恋愛シミュレーションゲームの大半が
 告白されることがゲームの目的であったのに対し、『ラブプラス』は告白され恋人となってからが
 ゲームの中心であることが挙げられる。
 告白された後の「恋人パート」ではDS内蔵の時計を使用した「リアルタイムクロック」(RTC)により、
 現実の時間や季節に合わせたリアルタイムで永遠に続く「恋愛生活」が体験できる。




「永遠」ってところが恐いよね。





まあ、いまだにtalbyの僕には関係ない話だけど。
e0149229_17131222.jpg

五年目突入。全く壊れる気配なし。


関連&参考>>>セカイカメラ放浪記:秋葉原の旅。お前ら・・・人生楽しみすぎ・・・。そしてセカイカメラ最高。





e0149229_1628829.jpg

最近「電脳コイル」を見たけど、まさに「セカイカメラ」。
授業でインターフェースをかじったので、そういう視点から見ても楽しめた。

「めがね」っていうゴーグル状のモニターを通して見ると、実際の世界にデジタルの映像が反映されて見える。



あと、おもしろかったのはパソコンとかの「本体」が、全く出てこなかったところ。
チラッと映る大人たちがパソコンを使ってる時は、キーボードもモニターも「メガネ」からの映像だけで、本体の描写は無い。


機械の超小型化が進んで、ハードはメガネの中に納まってるのか、別の場所のコンピューターで行っているのか…
もしくは、世界中の全ての処理は、ひとつのスーパーコンピューターでまかなえているとか??



そうなると「コンピューターを買う」っていう概念が大きく変わりそう。
すなわち、処理を表示するインターフェースさえあればいいってことになる。
あながち、近い将来ありえないことでもないかもしれない。


…などと妄想が広がるアニメなので、インターフェースを学ぶ学生も一軒の価値アリ(かも)



ちなみに監督は以前チラッと紹介した磯光雄さん(るろ剣のオープニングの鎖鎌のシーンとかの人)。



関連過去記事>>>職人別、アニメの作画シーンいろいろ
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-10-07 16:49 | サービス
<< 東映ヒーローロボ・変形合体の歴史 Paintballing >>