dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カルチャーマガジンが面白い
最近の趣味はもっぱらブックオフとかフリマで変な本とか雑誌をあさることなんだけど、特に面白いのが、95年から2004年くらいのカルチャーマガジン。リアルタイムではないからイマイチ確証がないが、95年くらいに、それまで無かった「若者のサブカルチャーを発信するメディア」としてサブカル雑誌が多く創刊されたらしい。

もうなくなってしまった雑誌や休刊中の雑誌も多く、残っている雑誌でも、創刊当時とは編集者が変わってたりで、取り上げる内容自体も現在とは別物のものもある。


持ってるものをいくつか紹介。

>relax (ドラえもん特集) 2002年8月/66号 編集:岡本仁 マガジンハウス
e0149229_20133836.jpg

e0149229_20135144.jpg
e0149229_20135914.jpg

おまけでジャイアンのコンサートポスター(裏はジャイアンディナーショー)がついてる。内容は特にドラえもんに限らず、藤子・F・不二雄の過去の作品紹介やネーム、スケッチ、大山のぶ代など声優インタビューや、有名人(伊集院光、東野翠れんなど)の好きな作品などなど。原稿が置いてある倉庫見学のメンツが小山田圭吾、宇川直宏、スチャダラパーというのもおもしろい。
その他の特集では、コロコロコミックやモスバーガーなどの他に、supreme、pepsiなど、ストリートカルチャーの特集もあり、かなり幅広い内容を取り上げているのが興味深い。

relaxは現在休刊中。編集長が岡本仁(おかもとひとし)さんの頃(98年~2004年)が特におもしろい。文体が語り口調なのも特徴。編集長が岡本さんに変わった直後、99年に一度休刊。その後、2000年復刊時にこの号のような、全体的に白っぽくスカスカな感じのレイアウトになっている。このレイアウトは後のオーガニック系(?)雑誌(リンカラン、クウネル、自給自足などなど)に引き継がれてると思っているのだが。ちなみに岡本さんは現在クウネルの製作にからんでるらしい。


>TOKION(ADAM&EVE ISSUE) 2000年8、9月/19号 編集:ルーカス・バデキ・バルコ
e0149229_2055256.jpg

e0149229_20552352.jpg
e0149229_20553579.jpg
e0149229_20554946.jpg

全ページバイリンガル。アート、デザイン、クラブカルチャーなどのカルチャーがメイン。全体のレイアウトはいい意味で雑多な印象。小さくてわかりづらいけど、18号の上半身裸の女性はルーカスさんの奥さんらしい。
特筆すべきは現在の同名雑誌とのギャップだろう。アメリカ人のルーカスさんは来日して95年に創刊し2002年に版権を譲っている。その後、ファッション中心の内容になり、最近またリニューアルをして今はえらいポップな表紙になっている(個人的にはリニューアル以前のアンダーカバー特集とかの方が好き)。


>BARFOUT!(Blankey Jet City特集) 1998年7月/35号 編集:山崎二郎 The Cool Resistance Council
e0149229_21155120.jpg

e0149229_2119367.jpg
e0149229_21191190.jpg

Blankey Jet City特集だが、最初の数ページだけで、その後の都築響一と大竹伸朗の対談の方が長かったりする。
現在も発行している雑誌。編集者も同じ。この頃の方がミュージシャン以外の人物も取り上げているが、基本的に音楽中心の内容も変わっていない(現在の方がエンターテイメント寄りか?)。違いは全体のレイアウトとデザイン。毎号表紙になにかしらマークがついてて、しかも毎号違う。特に意味は無いようだが・・・レイアウトもかなり自由。現在のまとまったデザインよりこの頃の方がおもしろいと思う。


>This(世紀末モンド・ショッピング) 1997年2月/vol.3 no.2 switch publishing
e0149229_21432863.jpg
e0149229_21434223.jpg
e0149229_21435265.jpg

砂原良徳(まりん)、小山田圭吾、常磐響、中原昌也(前の二人は知ってるけど後の二人は分からない)のロスでの買い物ツアーがメイン。ページ数が60ページくらいしかない、写真が多いビジュアル雑誌。全体的にデザインとかカッコイイけど、ネット上に情報がほぼ皆無だった。



実はこういった雑誌の情報ってネット上には全然なくて、調べようにもバックナンバーを探すぐらいしか手段がない。なので、おそらく内容に間違いとか勘違いがあると思う。誤った箇所があったら是非、情報求む。また、こういった雑誌が紹介されたサイト、書籍などがあれば教えてほしいです。では。


参考文献
>>>記憶に残るブック&マガジン
>>>東京の編集
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-01-30 20:47 | 雑誌
<< 赤ちゃんの高画質一人遊び 夢遊病と猫動画 >>