dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
銃弾をよけられる新装備服、IBMが特許取得
e0149229_1152396.jpg

すっげー!マトリックスだ!以下ギズモよりコピペ↓


>このほどIBMが取得した、「Bionic Body Armor」と題する米国特許第7,484,451号の新技術は、本当にすごいですよ。これまで、発射された銃弾から身を守る、ほぼ唯一の手段と考えられてきたのは、防弾ガラスによる保護や防弾チョッキなどの装着でしたけど、このBionic Body Armorが提唱するシステムは、常に電磁波レーダーでリアルタイムに銃弾の発射を探知し、瞬時に弾道を予測して、その弾丸をよけられるように、筋肉に刺激を与えることが可能とされていますよ。
<中略>
IBMの説明では、そもそも狙撃者が現在好んで使用するライフル銃から発射される、一般的な弾丸の飛来スピードは、発射時点で秒速900メートルとなっており、このまま通常は速度を落とすことなく、標的まで到達する計算なんだそうです。つまりは、200メートルという至近距離から狙撃された場合、200ミリ秒ほどの間に銃弾をよけられれば何とかなるとの理論のようで、人間の筋肉の反応速度は40ミリ~80ミリ秒であることからすれば、着用者の運動神経を駆使して、実にしなやかな身のこなしで銃弾をよけていくBionic Body Armorは、十分に実現可能な技術とされていますよ。


200メートルが至近距離かどうかはわからないけど、実現したらすげえな~実験の映像見てみたい。でも実験台には絶対なりたくないな。死ぬし。

>>>防弾チョッキなしでも銃弾をよけまくれる新装備服、IBMが特許取得
via>>>gizmodo japan



「MATRIX」(最初のやつだけね)大好きです。特に、「ロビーの大乱射」から超有名な「弾丸避け」、「モーフィアス救出」にかけての映像の編集はもう完璧だと思う。音楽とのシンクロも超カッコイイ。しかし、これだけカッコイイのになんで続編はあんなになってしまったのか・・・やっぱCGと実写のバランスが大事なんだろうな。2,3はCG使いすぎだと思う。派手な見せ場も多すぎるし・・・
そういえばウォシャウスキー兄弟が今度スーパーマン映画を撮るらしい。リローデッドにスーパーマンのオマージュがあったから、そういう意味ではおもしろそう。
e0149229_22686.jpg
e0149229_2262371.jpg

neoは一般の人々無視なのがすごい。

関係ないが、「ジャンパー」のテレポートの表現はCG使いまくりだけどカッコイイと思う。「X-MEN」のテレポーターと似てるけど。
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-02-18 02:34 | 雑記
<< 創作意欲と進化する道具 エラー・アートと狂った法則 >>