dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
久しぶりにジブリを見てみた
久々にジブリを見てみたので感想など。今回はネタバレ全開でいくので見たことない人は読まない方がいいかも。



>紅の豚
e0149229_0334435.jpg

「痛快アクションコメディー」っていうイメージがあったのだが、時代は世界恐慌真っ只中で、暗い世界の話なんだな~と思った。
好きだった「飛行機を作るのが女ばっかり」っていうシーンも、「男は仕事がないので全員出稼ぎに出ているから」だし、そのせいで未成年で女のフィオが工場の設計主任なんて大役を任されているわけだし・・・
こんな暗い舞台でここまで楽しい話を作れるのはすごい。しかも、子供の頃見て楽しかったのが、今見返すと発見があるということは、設定を残しつつ、うまく「隠している」からである。

マルコの回想シーンも、監督の飛行気乗りへの慰霊の気持ちだったんだろうな~(大量の飛行機が天に登っていくところね)
飛行機が次々落ちていくところもすごく恐ろしい(多分、人が死ぬシーンはここだけ)。
最後までメインの登場人物が誰も死なない(エピローグでもみんなじいちゃんになってる)のもポリシーを感じる。ラストの決着も殴り合いだし。


>風の谷のナウシカ
e0149229_063077.jpg

映画版のクシャナっていいとこなしだ。マンガ版では、兵士の圧倒的な支持があるから見栄えするキャラなのに、映画では兵士たちも途中で逃げてしまうし。
余談だが、映画は見たけどマンガ版読んだことないって人は是非読んでみてください。大学の環境問題の授業で、受講前に必ず読めと言われるほど超名作です。全七巻。
個人的には、映画版はマンガ版のよさの三割程度しか語られていないと思っています。

巨神兵がオームの群れを吹き飛ばす爆発シーンはエヴァの庵野秀明が作画を手伝ったシーンらしい。庵野さんが爆発とか巨神兵はうまいのに人物がまるで描けなかったので、クシャナとかは全部宮崎駿が描き直したんだとか。今では信じられないような豪華なメンツの作画シーン。

風の谷って、ナウシカ以外は子供と老人ばかりで働き盛りの世代が全然いないし、廃れていく田舎のような感じだ。将来的な希望が見えないというか・・・

ナウシカのやさしさには胸が詰まる。虫を殺したアスベルを助け(自分なら「自業自得だ!」ってなると思う)、めちゃくちゃ強いのに(父を殺された時以外)誰一人傷つけず、見捨てないなんて・・・
もうちょっとやさしい人になろうと思った。


>となりのトトロ
e0149229_034179.jpg

これは昔のイメージとだいたい同じだった。
サツキがメイを探すシーンは小さい頃のトラウマを思い出すようで今見てもハラハラする。

都市伝説の「サツキとメイは死んでいたのでは?(閲覧注意、怖いです)」ってやつは、案外当たっているようにも思える(監督は否定してるけど)。徒歩三時間の病院に入院してるのに、お母さんが「ただの風邪」って言っているのはちょっと無理がある気がする。最初はそういうストーリーだったのをスケジュールから変更したとか?
それにしてもこの都市伝説、考えれば考えるほどそう思えてきて怖すぎる。マジで。上記リンク先のサイトのデザインも怖すぎ。もう開きたくない・・・




一応、休み中に全部見返してみようと思っている。
なんか昔のイメージと違い、「怖い」とか「暗い」設定が結構あって驚きだ。
しかし、これから最大の難関、「蛍の墓」が迫っているのである・・・
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-03-07 01:06 | 映画
<< リアルタイムビデオミックス 夜の建物に描くアニメーション >>