dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:design( 13 )
祖父江慎の講義動画リンク集
メモ用にブックデザイナー祖父江慎氏の講義動画をまとめてみた。
珍しくデザイン学生っぽい話。



祖父江慎
e0149229_1333598.jpg

愛知県生まれのブックデザイナー。

人文書、小説、漫画などの書籍の装幀やデザインを幅広く手がける。吉田戦車の漫画本をはじめとして、意図的な乱丁や斜めの裁断など、装幀の常識を覆すデザインで注目を集める。コズフィッシュ代表。 電話の声で女性と間違われるほど女性っぽい振舞い、話し方をするが既婚。

(wikiより)




作るものも変だけど、本人も相当変わったお方のようです。
「うっとり」パワー。



有名所では、吉田戦車さんとかしりあがり寿さんの漫画の装丁とか。
あとはほぼ日の「言いまつがい」のシリーズとか。


あくまで個人的な主観だけど、いいなあ〜と思う装丁の本は最後を見ると
だいたいコズフィッシュ、もしくはセキネシンイチ制作室、みたいな感じ。。。



ちょっと好みが偏り過ぎてるのもなあ…と思いつつ。早速動画を紹介↓



■情報編集論2


京都造形芸術大学での講演会の様子。2時間18分でボリュームたっぷりです。
途中、カエルの卵をプロジェクターで大写しにして客席から悲鳴もちらほら…




■Creators Summit 2009「書体にたよるニッポン文字」


文字のかたちの話。途中まで。


同著作の月刊たくさんのふしぎ「もじのカタチ」の号でもとりあげられていますね。

e0149229_1595579.jpg

amazon>>>月刊 たくさんのふしぎ 2010年 08月号



■Creators Summit 2009「フォントブレンド」


合成フォントの話。途中まで。






他には、ほぼ日でも特集がいくつか↓

ほぼ日刊イトイ新聞
>>>あのへんな本をつくった人たち。祖父江慎×しりあがり寿×糸井重里
>>>本の装丁のことなんかを祖父江さんに訊く。
>>>訪問コズフィッシュの巻





こちらのインタビューもおもしろいです↓

LIFE&ART>>>コズフィッシュの「美しい本」






あと、情熱大陸で紹介された時の動画、どなたか見れるサイトご存じないでしょうか…?
まだ見たこと無くて…

情報求む!



そういえば、「祖父江慎+cozfish」っていったいいつ発売されるんだろう…
[PR]
by weeklydennpagraph | 2011-04-20 01:54 | design
フルキーボード付きのiPhoneにしかみえない中国製スマートフォン
e0149229_19525787.jpg

「チャイニーズ・クオリティー革命」続報。


中国製の「COOLi902」がどう見てもiPhone。しかもキーボード付き。
価格は143ドル(約1万2300円)。

e0149229_19553474.jpg
e0149229_19554367.jpg

e0149229_19555738.jpg


ふつうに欲しい。てゆうか本家より便利だよコレ。



ちなみにスペックの方は、タッチパネル対応3.0インチワイドQVGA(240×400)液晶ディスプレイ、
200万画素カメラ、無線LAN、Bluetooth、GPS、アナログテレビ受信機能、FMステレオラジオなど。
MP3やMP4ファイルの再生にも対応。

対応言語は英語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、ベトナム語、アラビア語、スペイン語、
ペルシア語、トルコ語、インドネシア語、ポルトガル語、タイ語およびマレーシア語となっております。



こうなってくると、「パチモン」っていう言葉の意味が変わってくる気がする。
ともあれ、端から見てる分には面白いけどパクられた側からすればたまったもんじゃないだろうな。

今後の中国の経済発展と共に「本家越えパクリ商品」たちは増加し横行するようになっていくのだろうか?



関連過去記事>>>パチモンの逆襲

>>>どうしても「フルキーボードが付いたiPhone」にしか見えない中国製スマートフォン「COOLi902」

via>>>Gigazine
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-12-04 20:01 | design
マンガ雑誌の表紙比較記事がおもしろい
たまごまごごはんさんの記事。

少年、少女向け雑誌からエロ系まで幅広く取り上げられててなかなか興味深い↓

>>>情報量をとるか、デザインをとるか~漫画雑誌の表紙の作り比較~



画像が小さいよ~とお嘆きの方のために、でかいサイズの画像を集めてる人がいた。ありがたや~

>>>漫画雑誌の表紙画像をAmazon大サイズで眺める



週刊ジャンプとマガジンも載せて欲しかったけど。
e0149229_1830087.jpg

e0149229_18321775.jpg


この基準で比較すると、ジャンプはわりとあっさり目?
マガジンはこの号はグラビア系。



個人的に好きな表紙はコミックビームとIKKI。

e0149229_18381295.jpg

この号持ってる。ジャケ買い。
コミックビームは表紙がカッコイイ。集めたい。

e0149229_2023937.jpg
e0149229_2025028.jpg
e0149229_2025875.jpg
e0149229_203743.jpg

最後のとか特にやばい。デザインやばい。

デザインはセキネシンイチ制作室。
この人はマジですごい。なんかいいな~と思うマンガの表紙はたいていこの人。
ドロヘドロとかSOILとか…
ワンダーJAPANもこのひと。尊敬。

e0149229_18383683.jpg

いろんな意味ですごい表紙。小学館よく通したな。この号欲しい…
デザインは天下の祖父江慎。
ちなみに竹熊健太郎氏の股間の横でハミ毛を隠しているのは、小学館の筆頭専務さんらしい(→参考)


余談だけど竹熊さんのブログおもしろい。
>>>たけくまメモ

「町のパン屋さん」のような出版社とか。




こうして並べて他のものと比較すると、少女まんが雑誌って結構カオスだな~

e0149229_2051266.jpg

e0149229_2052049.jpg

e0149229_2053058.jpg

小悪魔Agehaとかと共通した匂いを感じる。




コロコロコミックは自分の人生で一番読み返した雑誌かも。
年齢的には94年~95年くらいのやつがストライク。
e0149229_20122562.jpg

e0149229_20123298.jpg

e0149229_20123810.jpg


デカイ画像ない…

こちらは最近のもの↓
e0149229_20591788.jpg

密度と熱量は変わらない。見出しのロゴとか全部書いてるしなー



雑誌って、バックナンバーがなくなると古本屋ぐらいしか手に入らなくなるので、
コレクション的な価値はあると思う。

「数百円で手に入るグラフィックデザイン」なんて、なかなか無いし。


特に最近はカッコイイ表紙のマンガ雑誌が多いし、「マンガ雑誌を表紙で買う」っていうのはアリなのでは。



>>>たまごまごごはん

via>>>ひろぶろ
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-10-22 20:30 | design
ゴミを捨てたくなるゴミ箱 & 昇りたくなる階段





ネタ元からほぼ転載だけど、、、素晴らしいと思ったので。


公園のゴミを減らそうとか、健康のために階段を使おうとか、
そんな理由や目的をアイデアが完璧に超えちゃってる。


どっちもやってみたいなあ。


via>>>ひろぶろ
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-10-12 13:02 | design
iphone自作フェイクカメラカバー & Tumblr巡り
e0149229_109943.jpg

Tumblrで写真見つけて一目ぼれ。
で、リンク先に飛んだらライターが自作しているというではないか!

>>>【大谷和利セレクト】iPhoneでの撮影気分が盛り上がる、フェイクカメラカバーの愉しみ


いいな~
こういうの作って一人で喜んでる人ってなんか好感が持てる。いや、共感?
ネットってそういう「遊び」を他人に見てもらうのに絶好の環境だと思う。デイリーポータルZ然り。


リンク先では他にもiphoneカメラを楽しむための写真加工アプリなんかも紹介されてる。
e0149229_10191059.jpg

某トイカメラ風に加工する“HELGA”。もうHOLGAでいいじゃん。マズイのか?



最近は、暇さえあればTumblr巡りしてる。

知らない人のために簡単に説明すると「ウェブ版スクラップブック」みたいな感じ。
気に入った画像なりテキストなり動画なりを自分のTumblrに簡単に(ココ重要)貼り付けることが出来る。
貼り付けると同時に元のサイトのリンクも張られて、どのサイトのどのページだったかすぐ分かるって感じ。
他の人のTumblrからも引用することが出来る。


ただ画像が並んでいるだけなんだが、過去の画像をズラーっと見てるとなんとなく
その人の個性や趣味思考が感じられて面白い。


画像を見てるんだけど、毎日見ているとその先にある「選んでいる人」が見えてくる。
はてなブックマークにも同じことがいえると思う。



ブックマークした人の更新した新着画像を、まとめて自分のページで確認することも出来るけど、
個人的には個別のTumblrに飛んで見る方が好き。




最近見てるオススメTumblrをいくつか挙げときます。


>>>DTYBYWL
以前も載せたっけ?
更新ペースが半端じゃない。一日20枚とかザラ。しかも(僕が見始めてから)毎日更新してる。
それでいてどの画像もカッコイイ。
朝、昼、夜って見るたんびに増えてる。どうなってるんだ?
仕事の合間とかにやってるんだろうか?
グラフィックが多目。


>>>#PINUPS
この人のもカッコイイ。人の写真が多い?


>>>MHHD
巷で話題のけいおん!ファンなのか、ちょいちょい画像とかgifが載ってる。


>>>キ  リ  ペ  チ  カ
更新数多い。モデルの写真とか昔の映像とかいろいろ。


>>>浅田三等兵の夕べ
上に挙げたのと比べるとギャグ寄りかも。おもしろいテキストが多目。


>>>H
最近知りました。ていうか今日。
最初のネタ元はココ。




関連過去記事>>>情報の選別



誰かおもろいTumblr教えて~
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-05-13 11:06 | design
貧乏ゆすりの科学
          

明和電機面白法人KAYACのコラボで貧乏ゆすりを科学したUSBガジェットYUREX™が4月24日金曜日に発売(!)されたらしい。
ネタにしてはかなり壮大な計画。

e0149229_181781.jpg

なんでも、ビンボーゆすりをしている時を「脳が集中している状態」と解釈することで(BBU概論)、
その揺れを三次元的に感知し、そのデータをグラフ化したり、意図的に揺れを起こすことでドーピング状態にすることができる、らしい。


世界のユスリート(YUREXユーザーの意)のデータを見れたり、ランキングで表示されたりと、かなり本格的。

公式サイトも、マウスオーバーで文字が揺れたり、貧乏ゆすりの豆知識やマンガもあって、細部までいちいち面白い。
>>>YUREX™


気になるお値段は12600円(税込)。
ギズモには体験レポートもあるので、気になる方は参考に。

>>>「ビンボーゆすり」で、集中力を高める、USBガジェット【体験】
via>>>gizmodo




今後の売れ行きが気になるが、こんな製品がネタではなく、実際に販売されてしまうなんて、すごいな~




それと、カヤックって会社、初めて知ったけどこっちもかなり気になる。
e0149229_17581822.jpg

ホームページも凝ったデザインで面白い。
webコンテンツを作っている会社らしい。

>>>面白法人KAYAC
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-04-26 17:52 | design
Wii Spray
e0149229_15102622.jpg

以前、not wild styleさんで紹介されてたWii Sprayの改良版が紹介されてた。
以下、gigazineからコピペ↓



>スプレー缶型のホルダーにWiiコントローラーをはめ込んで使うこの「WiiSpray」は、
 バウハウス大学(Bauhaus-Universität Weimar)のメディア課程の
 Martin Lihs氏とFrank Matuse氏が2007年春にプロトタイプ1号を完成させ、
 その後Martin Lihs氏は修士論文とするためプロトタイプ1号とは全く違う新しい試作機を
 Jens Geelharr教授・Ursula Damm教授・Jan Sieber氏の監修のもと、
 ハードウェア・ソフトウェア・デザインも含め単独で開発しました。
 それが「WiiSpray 2nd edition」と呼ばれる今回ご紹介するバージョンで、
 「基本的にはWiiとFlashだけでできている」そうです。

e0149229_15134588.jpg

               

>>>Wiiで壁に落書きする気分が味わえるスプレー型コントローラー「WiiSpray」



ビジュアル的にはプロトタイプ(最初の画像)の方が好き。


>>>Wii Spray

参考
>>>Interface Bewegung: WiiSpray
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-04-09 15:24 | design
HRP-4C
                

産業技術総合研究所が開発したロボット「HRP-4C」。
横を向くときとか、お辞儀のしぐさがすげえリアルでびびったので紹介。
e0149229_19482968.jpg

このロボット、身長158cm、体重43kg(バッテリー含む)と、日本人女性の平均値を参考にして作られたらしい。こういう顔の子いるよな。
ちなみに、ファッションショーにも出る予定。詳細は以下のサイトが詳しいです。

>>>身長158cm、体重43kg、日本人女性の平均値を参考にして作ったリアルなロボット「HRP-4C」が実際に動いている様子のムービー
via
>>>gigazine
>>>pinktentacle
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-03-17 19:57 | design
創作意欲と進化する道具


中村勇吾さんのブログで紹介されてたTENORI-ONによる演奏動画。これは欲しくなるわ・・・

道具を作る仕事っていいなあ。自分の作品で新たな作品が生まれるって、まるでわが子の成長を思う親の気持ちではないだろうか。わかんないけど。

道具のみならず、作品に刺激を受けて創作意欲が湧くことってあるけど、最近不思議に思うのは、現代の徹底的に洗練されたグラフィックやポスターを見たときより、一昔前の雑誌とかCMとか、あまり洗練されていないものを見たときの方が創作意欲が沸くってこと。徹底的に磨かれているものより、手を加える余地があるほうがやる気が出るってことだろうか?

youtube埋め込みって色のカスタマイズできるんですね。でももうやんないかも。

>>>Tenorion
via>>>nisshi.yugop

>>>TENORI-ON
↑のリンク先の「公式サイト」と「デザインサイト」で分ける基準って何だろう?サイトが「デザインされている」という意味であるならば、コレを公式サイトにすればよい。「デザインがより詳しく紹介されているコーナー」であるのなら、「公式サイト」に「デザインコーナー」を作るべきである。カッコよく作ってみたけど使いづらいしこれを公式にするのはちょっと・・・ってことで分けたのであろうか?「デザインサイト」の方は、全画面表示になってしまい、それ以降のリンクへのジャンプを拒否するような作りである。
デザインとはあくまで「より分かりやすくする手段」であるはずなのに、デザインって言葉が独り歩きしてる気がする。モノがいいだけに残念。
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-02-20 19:18 | design
サブ液晶ディスプレイとmac愛
e0149229_1354582.jpg

これってすごくない?
電源もUSBからで、それ以外ケーブルの接続もいらないし、最大6台同時に使えるらしい。画面は回転できて、ネジでいろんな場所に固定できる。スカイプするとき便利そうだな。あと、メールソフトを常に開いてたり、iTunesをこれで操作ってのもよさそう。価格は1万5000円前後。

>>>デスクトップにちょこっと置きたい7インチサブ液晶ディスプレイ
via>>>gizmono japan



コレを買う以前に、複数ウィンドウを開けないノーパソのちっちゃい画面がいい加減嫌になってきた今日この頃なので、デカいディスプレイの(カッコイイ)ノーパソ欲しい。あとmac・・・
windowsの悪いところはよく聞くけど、macの悪いところって聞いたことないな。ライノが使えないくらい?使ったことないからわからんけど。


[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-02-02 02:12 | design