dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ピエール瀧の体操42歳



参考
>>>ピエール瀧の体操30歳
>>>ピエール瀧の体操36歳


関連過去記事>>>電気グルーヴ&石野卓球PVまとめ
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-31 22:02 | 動画
「AA文化」と「思い込みのエネルギー」
前回の内容と若干関係して、おもしろいAA(アスキーアート)をいくつか紹介。

e0149229_16215218.jpg


日本の文化が「内輪ノリ」と「繰り返し」で発展するってのは何度か取り上げたけど、
アスキーアートもそういった発展を遂げたものの代表だと思う。


また、AAでは特に「パターン化」「シリーズ化」しているものも多い。



例えば、最初の画像。

「お断りします」っていうのは、よく使われる人気のAAの一つで、下が最も基本的なもの。

e0149229_1622811.jpg


で、そのパターンとして作られたものの1つが最初の画像である。


これ以外にも、進化&改造を繰り返し、今ではありとあらゆるパターンの「お断りします」が作られている。
下記のリンク先のものもおそらく一部。というか、全てをまとめることは不可能?

参考>>>お断りします

最初の画像だけ見たときに分からなくても、「パターン」を見るとおもしろさを感じる。



「こういうキャラクターがいる」っていうことを前提で
それを「崩す」「改変する」「混ぜる」ことでおもしろいと感じる。


「知っていることで反応する」という点では「ノスタルジー」なんかとも近いかも。



初めて見た人や、それを知らない人にとってはさっぱりなんだけど、そういうことを気にしない。
むしろ、知っている人同士で盛り上がればよしとするところに、
あらゆる日本文化(特にオタク文化)の異様な発展が存在するのではないか?


テレビやラジオで有名人の名前が出てきて、知っている人は爆笑してるが知らない人は「?」というのと似てるかも。



こういうAAをまとめた「ガイドライン」や「まとめ」と呼ばれるサイトはいろんな人が作っていて、
お互いに何の関係もない人同士のやりとりから生まれたものを、
再度「編集」し、まるでそういった「規格」や「フォーマット」を勝手に作ってしまう、ということ自体も
非常に興味深く感じる。


ミニコミを作る人が勝手に自分の住所を「〇〇出版社」などと呼ぶのとなんとなく同じものを感じる。
「思い込みのエネルギー」とでも呼べるような・・・





前置きはこれくらいにして、個人的におもしろかったAAをいくつか紹介。


e0149229_16175513.jpg




e0149229_1618734.jpg




e0149229_16174373.jpg



e0149229_16222689.jpg



e0149229_16182175.jpg



e0149229_16224429.jpg



e0149229_16232399.jpg



e0149229_16233595.jpg



e0149229_162422100.jpg


アッーー!


>>>こ の A A の 可 愛 さ は 異 常 その1
>>>こ の A A の 可 愛 さ は 異 常 その2
>>>初見のとき吹いたAA
>>>お前らが愛してやまないAAはってけよ



関連過去記事
>>>「Twitter」と「リアル」の違いに見る文化発生のプロセス
>>>日本SUGEEEEEEEEEEEEEEEE!ってなるコピペ
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-28 16:38 | 雑記
ゲームバグ動画とコメント職人
          
こういうの大好き。
007とレースゲームのとこが特にいい。

実況入ってた方がいい人はニコ動で↓
>>>ニコ動版

こういうのはニコ動で「ツッコミ」が入ってた方がおもしろいかも。



関連過去記事>>>エラー・アートと狂った法則




脱線するけど、先月号の「広告」でニコ動とyoutubeの違いを分析した記事があった。

それによると、youtubeは「プレゼンテーション」の文化で、
視聴者はより「優れた完成度」の動画を求める。



一方、ニコニコ動画は動画自体にコメントが書き込めるため、いうなれば「ツッコミ」の文化。
動画とコメントの一体感がおもしろさとなり、コメントから新たな動画のジャンルが生まれたり、
一斉にコメントする「弾幕」など、コメント製作者側も参加した形になる。

こういった動画プレーヤーの文化は日本独自なんだそうな。



へ~




コメントも製作者同士でどんどん進化して、ドット絵にしたり、
アスキーアートみたく記号を組み合わせてロゴを作ったり、BGMの歌詞を入れたり・・・


そういったコメント製作者は「職人」と呼ばれてる。
また、コメントはある程度書き込むと前のやつからどんどん消えてくから、
20万とか30万とか、再生数がキリのいいときに製作されることが多い。





下の動画は「ファミコン元気玉」という動画の「コメントをまとめた」動画。
凄すぎる・・・
e0149229_22125714.jpg

>>>「ファミコン元気玉」のコメント・弾幕・CAをまとめて見よう

↑の画像の「ファミリースタジアム」のロゴはコメント。

さらにその上からコメントが書き込まれてもう訳わかんなくなってる。



例のごとく話がまとまらない・・・
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-27 22:16 | 動画
TRON2


1982年に公開した、世界初の全編CGの映画「TRON」の続編の予告編っぽいです。



個人的にはプレイヤーの顔が、リアルでもアナログでもない絶妙なCGなのがツボった。
e0149229_1961464.jpg

コレね。
コンピューターの世界っていう設定だからここぞとばかりにバリバリ使って欲しい。



ただ、予告編にもあったけど、あのジャンプの瞬間スローになるっていう「マトリックス」っぽい表現、
あれやるのハリウッド映画大好きだけど、個人的にはあんまり・・・

トランスフォーマーだろうがスパイダーマンだろうがどの映画見てもああいうシーンあるし、
もうやめて欲しいんだけどな~



ついでに前作の動画も。

          

WOWOWで予告編は何度も見たけど、本編は見たことない。
これを機会に見てみよ。


via>>>#PINUPS
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-27 19:21 | 動画
アメリカ人がメイドフィギュアを作ったらこうなる
e0149229_17434998.jpg
e0149229_174471.jpg

・・・オカマ?

小物とか服とかは凝ってていいんだけど、肝心の顔で残念な感じに。
もうちょっとやりようがあっただろ・・・


この辺が、アメリカ人と日本人との価値判断の差なのだろうか?
そういえばトランスフォーマーも顔あんまり凝ってないし。


e0149229_17554751.jpg

参考画像。
初めて見た時、主人公のオプティマス・プライム(真ん中のやつ)の顔がコラかと思った。
気持ち悪いっていうか・・・なんか変だと感じるのは僕だけだろうか?


e0149229_1834879.jpg

あーなんかほっとする。
日本のガンダムとかは、顔だけ見て単純に「カッコイイ」と思えるのだが、
トランスフォーマーって顔だけ見ると・・・って感じのやつが多い気がする。

好みの問題かもしれないけど。ファンの人スイマセン。



そういえばガンダムの顔だけ集めた画集が売ってたな。


>>>アメリカの逆襲!「セクシーメイド・フィギュア」がやってくる!
>>>ガンダム顔 大事典
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-25 18:12 | モノ
コリス フエラムネのおまけ特集 ~チープ感の魅力~
e0149229_1547241.jpg

「コリス フエラムネ」ってのは、今でも100均とかコンビニで手に入る駄菓子。
これには「おもちゃばこ」っていう、ちっちゃい箱入りのオマケがついてくるんだけど、
ちょっと前からそれをちまちま集めてる。
一個50円くらいなので、なんかを買うついでに買ってしまうのである。ラムネも何気にうまい。


最近、「フエラムネ」「おまけ」とかでググったら、意外と集めてる人が多くて、
ブログに写真とかをアップしてたので、自分も影響されてやってみた。


e0149229_15595186.jpg

自動車シリーズ。
これは結構「当たり」のオマケ。
ちゃんと車輪も動く。


e0149229_1605771.jpg
e0149229_1611517.jpg

キリンのハンコ。


e0149229_1612895.jpg

怪獣シリーズ。
e0149229_1614690.jpg

薄っ!


e0149229_1625456.jpg

ロボットシリーズ。
二つのパーツに分かれてて、微妙に座らせることもできる。
e0149229_1635030.jpg
e0149229_164054.jpg

色違い。


e0149229_1645886.jpg

コマ。


e0149229_1652340.jpg

起き上がり怪獣。いろいろ種類あります。


e0149229_169894.jpg

こっちは女の子用のおまけ。
カギ風の・・・なんなんだろうこれは・・・おもちゃ?キーホルダー?


e0149229_16132980.jpg

スケボー?


e0149229_16134978.jpg

be〇rbrick?
結構レア。


e0149229_16153685.jpg

ドリル犬?


e0149229_1617222.jpg

トカゲ?


e0149229_16172474.jpg

たぶんペンギン。足の面積ちっちゃくてまともに立たない。


e0149229_16175257.jpg

ライオンハンコ。


e0149229_16181516.jpg

ドリル豚モグラ。ドリル犬の仲間?


e0149229_1619222.jpg

ウロコ怪獣。ブツブツしててキモイ。
e0149229_1620063.jpg

色違い。



他の人のブログとか見ると、F1とかもあるみたい。
またよさげなの当たったらアップするかも~
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-24 16:23 | モノ
ボタン1つで見知らぬ相手と一対一でチャットできるサービス
e0149229_13552960.jpg

ちょっと前のネタだけど、Chat Padというwebサービス。
何人かとやってみたけど、なかなかおもしろい。オススメ。

>>>Chat Pad


というか、おもしろいかどうかは「偶然当たった人」によりけり。
何にも喋らず逃げちゃう人もいるし。


本当にランダムなので、同じ人にもう一度当たるのは、かなり難しいっぽい。
非公式だけど掲示板も出来てて、
チャット後に情報交換してる人もちらほら。


今んところ、当たった人はみんな丁寧な人で、掲示板見ても荒れた様子はない。
まあ、一対一なので相手が自分と合わなければ抜ければいいだけなんだけど、
匿名のどこの誰だか分からない相手とちゃんとしゃべるってのは、なかなかない経験なので、かなり新鮮。



僕はチャット自体あんまり経験が無かったので、リアルタイムに画面越しの相手が反応するってのは
緊張感があっていい。
普段のネットサーフィンにはない感覚。

旅行先で相部屋になった人と雑談する感じに近い?



>>>見知らぬ誰かと1対1で強制的にチャットをしなければならない背筋も凍るようなサイトが登場

あと、学校のワイヤレスだと繋がらないので、その他の場所で。
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-21 14:25 | サービス
新世界エヴァンゲリオン ~関西弁で台無しにしてみた~
          

コレおもしろすぎ(笑)
「笑えばいいと思うよ」のシーンの台無し加減がヤバイ。


>>>新世界エヴァンゲリオン ~関西弁で台無しにしてみた~ 2/2
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-14 19:23 | 動画
最近買ったモノ
e0149229_1528724.jpg

アフリカの少数民族の仮面フィギュア。500円くらい。
民族学博物館、通称「みんぱく」に行ったとき購入。


余談だけど「みんぱく」超楽しい。行ったことない人はぜひ。

世界中の土器とか農耕の道具とか祭り用の仮面とか衣装とかが、もうひたすら展示されまくっててスゴイ。
しかも「博物館」だから基本的に「研究目的の資料」なので、それぞれについてる説明とか注釈もすごい量。
僕は全部読みきれないと思ってほとんど読まずに回ったけど、それでも相当おもしろかった。
しかも写真撮り放題。ヒャッホー!!
e0149229_15371454.jpg

e0149229_15372750.jpg

こんなん。
でも途中で電池切れて後半撮れなかった・・・
また改めて行きたい。



e0149229_15384992.jpg

「カネゴンの仕組みが良くわかる」フィギュア。万博会場のフリマで200円。

僕はフィギュア好きだけど、あんまりキャラクターものは買わない。
でも、これはなんかおもしろかった。
架空の怪獣なのに内部構造を考えて、さらにそれをフィギュアにするって・・・
何も役に立たないし、何でコレ作っちゃったんだ?誰が買うんだ?ってところが。

分解してみるとわかるんだけど、外皮と内臓でパーツが分かれてる。


e0149229_15431139.jpg

しょぼさにつられて。縁日とかのハズレでありそう。


e0149229_15435489.jpg

絵葉書。一個10円とか。


e0149229_15442724.jpg

KAWSとコラボしたベアブリック。ちっちゃいの単体では手に入らないんだとか。フリマで100円。
これは、google imageで画像あさってた時に見つけて、前から欲しかったからラッキー。


e0149229_1545513.jpg

キルビルのベアブリック。コレも100円。


e0149229_1548397.jpg

香港ブランド「Phas02」とFMラジオ局「motclub903」のコラボらしい。よくわからんけど。
売り手のお兄ちゃんもよくわかってなかった。
ピンクの顔がかわいい。300円。


このへんのベアブリックは京都市役所のフリマで同じ人から買ったんだけど、
たまたま通りかかった時にその人が並べ始めたのでいいやついろいろゲットできた。
なんでも、ずっと集めてたけど子供が出来て売らなくちゃいけなくなったらしい。おめでとうございます。



e0149229_1622213.jpg

トイカメラ。300円だったけど、なんかとまとめて安くしてもらった気が。


e0149229_1625337.jpg

Spawnのフィギュア。箱ベッコベコ。100円。
箱がいいよね箱が。


e0149229_164308.jpg

宝島とジュリマリのラストライブのステッカー。100円と250円。
ステッカーは売り手のおねーちゃんが50円しかまけてくれなかったんだけど、
それが、異様にかたくなでおもろかった。


e0149229_168298.jpg

ハイパーヨーヨーとサンドイッチとハンバーガーのレプリカ。それぞれ300円と100円×2。
我ながら何に使うのか謎。
とりあえず部屋に飾ってる。



昨日は結構大漁だった。
フィギュアが多い?
スポーンとか100円のくせに場所とるから、一気に部屋がにぎやかになった。

そういえば来月は市役所フリマないんだっけ・・・
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-13 16:24 | モノ
カンタムロボの異常な愛情


「変わらないものだな・・・生まれついての演算能力というやつはッ!」


カンタムロボとは、「クレヨンしんちゃん」のアニメ、マンガの中で放送されているアニメ、つまり「劇中劇」。
アニメでは過去に三話放送されているらしく、上のはその最終回。
(他2本も探してみたけど、コレしか見当たらなかった)



放送時は、劇中劇とは思えないクオリティーの高さと、やたら気合の入った戦闘描写で
一部マニアに大ウケした(妄想混じり解説「超電導 カンタム・ロボ」より)。

なんでも、製作スタッフが本気になりすぎて、
上から「カンタムロボはもうやるな」と釘を刺されたらしい。





もう1つ紹介したいのがこのサイト↓

>>>【妄想混じり解説「超電導 カンタム・ロボ」】


「劇中劇」のはずなのに、異常なほど詳しいファンサイト。
あらすじ、全ロボ、全技の解説、基本設定から特集が組まれた雑誌まで網羅してる。


>●カンタムハリセン
 肩口より射出される超カンタムの必殺武器。必殺技は「ハリセン・アタック」。
 「いーかげんにしろー!」の叫びとともに繰り出される鋭いツッコミで敵ロボットを一刀両断に切り伏せる。


しつこいけど、あくまで「劇中劇」。
アニメも、3話合計で30分以下にしかならないし。


それでもここまでサイトを作りこんでしまうエネルギーは何なんだ?

案外、こういうところに「ものづくりの楽しさ」の秘密があるのかも




あと、コレ欲しい↓

>●ホビージャパン 2001年6月号
 「速水仁司のスーパー3Dショウ」のお題としてカンタムが登場。
 速水仁司氏制作のカンタムロボとカイザムロボに加え、淵知信氏(ゲッターロボのGKで有名)制作の
 超カンタムロボ、山口勝久氏(言わずと知れた山口可動の人)制作の究極カンタムロボまで
 見れてしまうものすごい企画ページとなっておりました。
 こちらも、模型誌・アニメ誌を扱っている古本屋なら入手できる?



関連>>>カンタムロボのMAD見つけた
[PR]
by weeklydennpagraph | 2009-07-10 15:44 | 動画