dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
シャングリラ 演歌ver.
>>>電気グルーヴ シャングリラ 演歌ヴァー 唄 太郎と花子


オリジナルにあらず。
最初は、ん?と思ったけど聴いてみると、あら!なかなかいいじゃない~


ある意味、電気っぽくもある。


なんか時々聴きたくなる>>>ピエール瀧の体操42歳
リンク切れ多いけど・・・>>>電気グルーヴ&石野卓球PVまとめ
[PR]
by weeklydennpagraph | 2010-04-29 20:38 | 音楽
河童の腕


twitterで知ったアニメーション作品。
なんか・・・うまく説明できないけど印象深い。


作者さんのホームページで他にも作品がみれるっぽい↓
>>>平野遼のホームページ
[PR]
by weeklydennpagraph | 2010-04-24 01:11 | 動画
ZINE LIBRARY part2に行ってきた & 東京の写真いろいろ
e0149229_22471548.jpg

行きたかったイベント三つ目が「ZINE LIBRARY part2」。

このイベントは、個人所有のZINEが自由に閲覧できるイベント。



ZINEって何?って人はこちらに紹介していますので参考に↓
>>><東京レポート1>「ZINE」 を読みに東京へ行こう



簡単に言うと「オシャレなミニコミ」って感じ?

e0149229_2251210.jpg

会場はかなり奥まったところにあって分かりづらい。
おそらく、知ってる人しかたどり着かないだろうな・・・


2時開始で2時ちょっと過ぎぐらいに行ったけどまだ開いてなくて五、六人が並んでいた。

そんで、並んでる人がみんなオサレ。
「カオス*ラウンジ」見た直後だったので客層の違いにびびった。



e0149229_22564235.jpg
e0149229_22565753.jpg
e0149229_22571161.jpg

e0149229_230651.jpg

こんな感じにクリップでとめられたZINEが並んでる。


こういう「モノがたくさん並んでいる」感じってすごい好き。
見てるだけでなんかワクワクしてくる。


いくつか紹介。
e0149229_231922.jpg

e0149229_2313931.jpg

大原大次郎氏の「MOZINE」。
この人は作風がZINEっていう媒体に合ってていいな。


e0149229_2312283.jpg

e0149229_2322446.jpg

服部一成氏のZINE。さすがプロ、という感じで印刷がうまい。


e0149229_2355240.jpg

e0149229_2361170.jpg

EDIE FAKEさんのZINE。料理の手順“風”イラスト。




他にもいろいろ見たけど、たくさん見てると、なんかどれも一緒に見えてきてしまう。
そうなると、テーマとかがシンプルで統一感あるものが印象に残る。


イラストも様々なテイストで描いてるより、テイストを統一したものの方が、
読んでて「コンセプト」みたいなものが見えてくるので面白く感じた。



また、クオリティー高いものも多いんだけど、“手を抜いてる感”が明らかなものもいくつかあった。
もちろんそれさえ自由なのがZINEではあるんだが・・・

(じゃあお前作れんのか?と言われるとぐうの音もでないけど)




最初に言ったけどいわゆる「オシャレな人」しか見に来てないのもなんか気になった。
もっと、オタっぽい人とか来ててもよかったのになあ(俺)。

いや、でも結局は「ミニコミ」とかと同じ「個人による自費出版物」なんだから、
タコシェとか模索舎に来そうな人がいてもおかしくないのに、そういう人はいなそうだった。

この辺の客層しか来ないのもZINEならでは?




そんな中、個人的に超気に入ったのが秋元机さんのZINE、「DESK」。
イラストと“インチキ臭いアジア”っぽいテイストが合っててすごくいい。
コレはすごい欲しかった。すごい欲しい。
e0149229_2341366.jpg
e0149229_2343261.jpg
e0149229_2344487.jpg
e0149229_2345556.jpg
e0149229_2352760.jpg

e0149229_2351421.jpg


う~ん、いい。




あと、東京の写真をいくつか紹介。

e0149229_23514144.jpg

またやろう。


e0149229_23524142.jpg

e0149229_23525295.jpg

relax boyのフィギュアのガチャガチャ!中野ブロードウェイにて。


e0149229_23541241.jpg

気持ち悪!鹿に入れ墨を施したアート?中野ブロードウェイのGEISAI大学ブースにて。


e0149229_2356136.jpg

ZINE`s MATE shop。
でも、先ほどのZINE libraryで大量に見てきたあとだったからか、結局何も買えず。
ちょっと後悔・・・


e0149229_23581418.jpg

ぢるぢる旅行記。
最近、twitterで教えてもらった「ねこぢる」のインド旅行記のマンガ。100円。


e0149229_23593233.jpg

カオス*ラウンジと結構メンツがかぶってるから買ってみたミニコミ。模索舎で1500円。
まだ読んでない。


e0149229_004833.jpg

あとはフライヤーとかフリペばっか。あんまり買い物できなかったな・・・dictionaryがまたでかい。
まあ、強行スケジュールだったし、こんなもんでしょ。



とりあえずこのへんでひと段落。
いや~楽しかった~

次はいつ行けるかな~


関連
>>>ZINE LIBRARY part2

関連過去記事
>>>ホニャララ
[PR]
by weeklydennpagraph | 2010-04-24 00:05 | レポート
六本木クロッシング2010は撮影可!
東京で見たかった展示、二つ目は『六本木クロッシング2010:芸術は可能か?』(このサブタイトルはどうなのか?)。
e0149229_21563449.jpg


以前ちろっと紹介したけど、森美術館は「クリエイティブコモンライセンス」という制度を採用しており、
なんとこの展覧会、撮影自由!
やっほーい!ということでバッシバシ撮ってきました。

>>>森美術館が写真撮影を許可


そんなわけで面白かった作品を「写真つき」で紹介。


照屋勇賢さんの「告知-森」。
e0149229_22105935.jpg
e0149229_22111816.jpg
e0149229_22113024.jpg

うわー大変そう・・・

おじゃる丸の袋がよかった。
e0149229_2216949.jpg

e0149229_22174052.jpg

木もポップでかわいい。




相川勝さんの「CDs」。
e0149229_22181248.jpg
e0149229_22182191.jpg

一見普通の視聴スペース?と思いきや、聴いてみると作者が「ふ~ふんふうっふ~あ~♪」とか
“声”で曲をカバーしている。

さらによーく見ると
e0149229_22183486.jpg

ジャケット手描き。


極めつけは
e0149229_22185193.jpg

歌詞カードも模写しとる・・・

全部は見れなかったけど、おそらく壁に掛かってるCDも全部・・・アホすぎる(笑)
こういうの大好き。



加藤翼さんのプロジェクト。
e0149229_22273728.jpg
e0149229_22275667.jpg

e0149229_2232112.jpg

巨大な箱を「倒す」というプロジェクト。

・・・それだけ?という感じだが、大小さまざまな「それだけ」のことをやっているらしい。
これはぜひライブで見たいな。あわよくば参加した方が面白そう。



宇治野宗輝さんの作品。コレは今回イチオシ。
e0149229_22334950.jpg

e0149229_22372544.jpg
e0149229_22373587.jpg

この、なんかよく分からない装置たちが、ガッションガッション音を立てて合奏します。
なんという無意味装置。
e0149229_22375282.jpg

車は、中の蛍光灯が光るわ、あさっての方向に取り付けられたワイパーが動くわで大忙し。

さらに面白いのが装置のディテール。
e0149229_22431018.jpg

電動ドリルに取り付けられたパンダ。もちろん回転します。


e0149229_22453346.jpg

ギターに掃除機。


e0149229_2246674.jpg

ギターにミキサー。


e0149229_22465730.jpg

なんか、コーラ入ったままのペットボトルが回転。


e0149229_22474052.jpg

ターンテーブルに鉛筆が突き刺さってて回転。


e0149229_2248597.jpg

なんでナベにプラグ刺さってんの?


e0149229_22505581.jpg

もうわけわからん・・・

センスあるな~


動画はダメだったから是非会場で!
いや、コレのためだけに行ってもいいかも。


えーっと、全体の感想としては非常に楽しめたんですが、前回(2007年)の方がボリュームあったな~って感じか。
でも、引き続きアホな作品が多くていいですな。最高。

次回も期待。

>>>MORI ART MUSEUM [六本木クロッシング2010展]



関連過去記事>>>諸事情をあんま知らない人から見た「カオス*ラウンジ2010」感想
[PR]
by weeklydennpagraph | 2010-04-21 23:00 | レポート
諸事情をあんま知らない人から見た「カオス*ラウンジ2010」感想
今週の日曜日、東京に行ってきた。夜行の日帰りで。

かなり強行スケジュールだったのですが、どうしても行きたくなってしまい…

行きたかった展示は三つあったのだが、それらが重なるのが日曜だけだったので。
いやーでも行ってよかったです。大満足。



で、行きたかったひとつが「カオス*ラウンジ2010」。
e0149229_0354599.jpg


え?なにそれ?とお思いの方。僕も行く前々日くらいに知りました。

知ったのは村上隆氏が主催する「GEISAI大学」の4月16日のUSTREAM(ウェブのライブ放送)。


ここでその時の放送も見れる(らしい)↓
>>>GEISAI大学放課後 01 4月16日「やはりカオスラウンジとは何か?」


と言ってもまあそれも、知り合いのtwitterから飛んで、途中くらいから見たのですが・・・



で、その放送が異常に盛り上がってたんですよ。

でも途中からだったのでよくわかんなくて、大体の放送を把握してた友人に夜中に電話かけたりして、
「おもしろそうじゃね?」「行っちゃうか?」ってことで行ってしまいました。




ここで一応、断っておきたいのが、僕は、はっきり言って諸事情というか、
「カオス*ラウンジ」がどういう経緯で始まったとか、黒瀬陽平がどういう人かとか、
あんまりよく分かっていません。
USTREAMも12時くらいにチラッと見て、最後を見た後、友人からの情報で補完してる程度です。


ぶっちゃけてしまうと村上隆さんの著書も(まだ)読んでないですし、
「スーパーフラット」もよく分かっていません。スイマセン。


村上隆→おっぱいで縄跳びしてるフィギュアとか作った人。
スーパーフラット→確か、アニメ絵と日本人の薄っぺらい感覚をかけてるんだよね?


くらいの理解です・・・



もっと深い、アートの文脈に基づいた感想を読みたい方、ゴメンナサイ。無理です。


他のサイトさんの方が詳しいかと…
>>>アート・キャラクター・アニメ――「カオス*ラウンジ2010」レポCommentsAdd Star
>>>カオスラウンジ宣言文の解体まとめ




さらに付け加えると、アニメとかの知識もあんまりです。
いや、まあアニメは見たりするんですが、この場合、展示されていた作品の
モチーフになった「らき☆すた」を一度も見ていないことが問題でしょうから…
(あ、でもハルヒは観たことあるよ)



要するに「なんかおもろそうだから行った」という人間。

自分でもこんな知識でなぜわざわざ東京日帰りという無茶なスケジュールを組んでまで行ってしまったのか謎ですが。。。

そういうわけで、芸術の知識とか、アニメ作品への執着もあまりない僕からみた「カオス*ラウンジ]は
どうだったのか?ということをさくっとまとめたいと思います。


e0149229_0361135.jpg

e0149229_0362690.jpg

会場は想像してたより小規模な感じ。まあ、入場料安かったし。
e0149229_0374239.jpg

キモイ・・・
オタク達のアニメキャラクターへの執着心と愛情が集合しておっきくなった怪物の死体って印象。
e0149229_0381987.jpg

ちらばってるラクガキみたいのはライブで集団製作されたらしい↓。それ見たかったなあ。

(コレは僕が撮影したものではないのであしからず)

e0149229_0461089.jpg

この作品はPIXIVで見たことあった。

e0149229_0463592.jpg

webマンガ「メンヘラちゃん」の製本版が読めるブース。
ここで読める>>>http://kotohatoko.web.fc2.com/

e0149229_0495713.jpg

キャラクターの髪の毛っぽい物体。
e0149229_0503038.jpg

のディテール。アニメ雑誌のページやポスターなんかでできてる。

e0149229_051585.jpg

リボンっぽい物体。

e0149229_0523564.jpg
e0149229_0524927.jpg



e0149229_053748.jpg
e0149229_053259.jpg

細かく見ていくとすごい量。一人の人間が長い時間かけてコツコツ作ったものじゃなく、
大勢で集まってぶわーって一気に作り上げた勢いがなんとなく感じられる。
創作行為というよりも“祭り”に近い?


e0149229_0581719.jpg

e0149229_0583556.jpg
e0149229_0585198.jpg


e0149229_1049100.jpg

ペイントされたフィギュアとか。

e0149229_113738.jpg


e0149229_16025.jpg
やっぱ、インパクトあるのは梅ラボさんの巨大なコラージュ。
アニメのワンシーンとかがすごい密度で埋まっている。
e0149229_132977.jpg
e0149229_143428.jpg
e0149229_16552.jpg
e0149229_172491.jpg
e0149229_181210.jpg

ちょっと、近写すぎて自分でも上下とか合ってるか自信ない・・・

これ、実を言うと最初はあんまりインパクト感じなかった。

梅ラボさんは、個展やった時も見に行ったのだが、その時も「アレ?」と思った。
なんか、パソコンのバグった画面ってパソコンで見るからインパクトあるので、
それを印刷してしまうと、バックライトとかの関係か、コントラストも薄く感じてしまい、
ちょっとイマイチ?とか思ってた。


しかし、あとで友人に「デジカメ撮影可」という情報をもらい、再入場して写真を撮りまくってきたのだが、
『デジカメで撮影したのを液晶画面で見るほうがなんかよく見えた』というのが衝撃だった。
直に目で見るよりも、液晶画面を経由した方がインパクトあるとは・・・

まあ、個人的な感想なのでアレですが。


e0149229_11623.jpg

撮影禁止マーク。主催者の一人、黒瀬陽平さんによると

「カオスラウンジ、撮影がどうのと問題になっていますが、高橋コレクションの作品を撮影しないという条件で交渉します。」twitterより

とのこと。高橋コレクションの方ともめてたのかも?



まあ、「カオス*ラウンジって何なのか?」とか、結局よく分からなかったのですが、
なんかいろいろ発見があり楽しめたと思います。

万人にはオススメしないけど。

最終日滑り込みだったけど見れてよかった~

今後も「カオス*ラウンジ」の展示企画は続くようなので楽しみ。

>>>カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷
[PR]
by weeklydennpagraph | 2010-04-21 01:26 | レポート
Alice for the iPad といろいろ


うーんおもしろそう!触ってみたい!
今後の絵本の方向性か。

電子書籍化して一番面白くなるのは絵本かもしれないな~
非常に楽しみだし、作ってみたい。


iPadは支持派です。買うかはまだ微妙だけど、今後のコンテンツ次第では買ってしまうかも。iPhoneみたく…
というより、今後の発展の可能性は大いに秘めていると思う。



こんなのもあるよ↓


普通のピアノでいい気もするけど。


ストⅣ↓


やっぱ比較してみるとよく分かるけど、ゲーム機のゲームを移植しただけではダメっぽい。

もっと、端末の特性を生かした、“ならでは”のコンテンツやアイデアはこれから無限に出てくるハズ。
[PR]
by weeklydennpagraph | 2010-04-14 22:34 | 動画
今週のBGMとiPhoneに変えた話
>>>有楽町で溶けましょう


iPhoneに変えました。最初は小馬鹿にしてたはずなのに・・・人の心の移ろいは早いもの。



もともとauからのりかえたのだが、softbankの料金体制の複雑さにはびびった。

あれをどうにかすればもっと利用者増えるような気がするんだが・・・


あとは、よく聞いていたことだったけど、「iPhoneはパソコン使う人には便利だけど、使わない人には分かりづらい」
というのも身にしみて分かった。

うちの母も「おもしろそうじゃん」と、一緒にiPhoneにしたのだが、パソコンはほとんど初心者なので
説明の段階で疲弊しきっていた。



アドレスの移し変えもユーザーまかせで、しかもiTunesに登録しないと移せないってのはどうなんだろ??
そのためにはパスワードが必要でクレジットカードが必要で・・・

というか本国アメリカ人はどうやってるんだ?

「アドレス帳を移し変える」っても日本独自の考え方なの??そんなわけないよなぁ・・・



日本のケータイは普通の「携帯する電話」とは別物なのかなぁ



翌日のニュースで、今ではiPhoneとは別に普通のケータイも持ってる人が多いらしい。
たしかに「ケータイ」として使うんなら普通のが断然便利だと思う。




まあ、まだいじくってる段階なので、使用感の感想はまた後日。


いまんとこ、外出先でtwiterが出来るのが楽しすぎ。

>>>dekantsu
[PR]
by weeklydennpagraph | 2010-04-02 16:39 | 音楽