dennpa.exblog.jp

たんぶらり
by weeklydennpagraph
リンク
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最近の気になるCM
■HOME'S

これはかなり好き。強烈。
バナナマン日村“顔”と「物件数NO,1」という言葉しか印象に残らないのがいい。


■イエローハット

カッコよすぎず、微妙にダサイのがいいです。

こんなのも
●イエローハットCM曲をClub仕様にしてみた


この歌詞、「タイヤたくさん取り付けてね」だと思ってたけど
公式サイト見ると「取り付け丁寧」だったのか…


参考→イエローハットのCMが超絶クールな件
[PR]
# by weeklydennpagraph | 2013-01-14 20:06
どうぶつの森がおもしろい話
どうも。
修士製作も一段落し、今ガッツリハマっているのが3DSの「とびだせどうぶつの森」。
e0149229_13433087.jpg

どうぶつの森シリーズは初めてやったんですが、これ凄いおもろい。
おもろいので周りにもオススメしてるんだけど、
「何がおもしろいのか?」「どうおもしろいのか?」「そもそも何をするゲームなのか?」
とか、毎回うまく説明できない。

なので、始めて1ヶ月くらいの感じをちょっと整理してみました。


とりあえず任天堂directの紹介動画が分かりやすいので↓



■何をするゲームか?
一般的なゲームと違うのは「ゴール」「クリア」といったものが無いところ。
「できること」はたくさんあるけど「すべきこと」はほぼ無い、といった感じです。

e0149229_13554162.jpg

できることの一つは自分の部屋を自由に作れること。
プレイヤーはどうぶつが住んでいる村に引っ越してきた人間で、
その村に家を建てて中の壁紙とかインテリアとか様々なアイテムを自由に配置して遊べる。
インタラクティブな“人形遊び”と言う感じ?
ただ、アイテム数が4000とかあるからもう、レイアウトのパターンがとんでもない数のバリエーションがある。
ローンを組めば部屋は広くなるし部屋数も増やせる。
さらに、自分でオリジナルでデザインもできる。
やろうと思えばいくらでも凝ったことが出来る。
ひたすら収集するのも楽しみの一つ。


しかし「部屋作りに凝らなくても何の問題も無い。
ずっとテント暮らしでも特にローンの催促とかもされない
まあ、最初のローンを払うと起こるイベントがあったりするのでそれくらいはしたほうがいいけど…

部屋を倉庫代わりにガンガン家具を放置するだけでもよくて、
たとえばグダグダ「釣り」をして過ごすこともできる。
「虫取り」 ばっかしててもいい。
花に水をやったりガーデニングをするのもいい。
住民のどうぶつたちとしゃべるだけでもいい。
村の中をうろうろするだけでもいい。
e0149229_13544040.jpg




■自己満足を追求できる
「部屋のインテリアを変えると何が起こるの?」
と思う人もいるかもしれないが、別に何も起きない。
e0149229_13534228.jpg

家具も椅子などは座ったりできるがほとんどがただの「オブジェ」で、
例えば「ルームランナー」もあるのだが、乗って走ることはできない。ただの飾り。

本当に「見た目が変化する」というだけなのだが、なぜかこれが楽しい。


一応、部屋には並べ方や家具の色味、「シリーズ家具」などの要素で点数がつけられるのだが、
別に点数関係なく自分好みのレイアウトを追求してもまったく問題ない。
そもそも点数が高くてもお祝いの「粗品」がもらえる程度なので(欲しいけど)点数を稼ぐ必要はない。


言ってしまえばゲームの中に「どうでもいいこと」しか無いゲーム。
すべて「自己満足」。

しかし、その自己満足を他人と共有できるのがおもしろさにつながっている気がする。


■他人の村をみるのが楽しい
e0149229_1454318.jpg

ゲームを進めると「すれちがい通信」によって他人の家が「モデルルーム」として展示場に並びぶ(最大48軒)。
並べ方やチョイスによって、その人の個性が部屋に滲み出る。


e0149229_1475319.jpg

e0149229_1481498.jpg
e0149229_14123596.jpg

通信や「夢見の館」(最初の動画参照)などで他人の村に遊びに行くことが出来る。
村のお店や住んでいるどうぶつ、地形などはランダムで生成されるため、
「どんな動物が住んでいるか」
「自宅はどこにあるのか」
などを散策するだけでおもしろい。
e0149229_14314440.jpg


中には「マイデザイン」を駆使して村の地面などを改造しまくってる人もいたりする。
e0149229_14121260.jpg

e0149229_14131537.jpg

e0149229_143479.jpg


このあたりは「ゲームそのものがおもしろい」というより「それをやってる人がおもしろい」という感じ。

<参考>
「とびだせ どうぶつの森」すれちがった人のすごい部屋画像まとめ
夢見の館で見つけた凄い村



■目的が無いので“上手い” “下手”が無い
例えば『家具の並べ方で攻撃力が変わる』 なんてシステムだとすると、
どんなに家具の種類が多くても結局行き着く先は『最強の家具の組み合わせ』になってしまうが、
純粋に『見た目』だけなので好きなように気の向くままやり込める。
e0149229_14562636.jpg



ロープレとかカードゲームとか、「自分が好きなモンスターでパーティーを組みたい」のに、
それだと弱いとか、見た目がカッコいい装備なのにゲームが進むと使い物にならなくなったりと、
歯がゆい気持ちになったことがあるのだが、このゲームならそんな心配は無い。


お金稼ぎも、海岸とかに落ちてる貝を売ったり果物を売ることで行う。
虫や魚、どうぶつにプレゼントされたいらない家具など売れるものならなんでもいい。
e0149229_14573296.jpg

また、個人的な好みだが、
『珍しいアイテムや、多くの家具がある部屋がおもしろい』かというと、そうとは限らない。
家具が極端に少なくてもおもしろい部屋はたくさんある。

家具のシリーズで統一するより、全く違うテーマの家具を「そこにそれを置く!?」みたいな
使い方をする人の方が見てておもしろい。



■毎日ちょっとずつやりたくなる
基本的に目的が無いので、しばらく遊んでいるとやることが無くなってくる。
しかし、次の日など時間をあけてチョコチョコやりたくなる。

普通は「何時間でもやりたくなる」のがゲームウリだったりするのだが、
どうぶつの森には当てはまらない気がする。

e0149229_14552448.jpg

e0149229_14554815.jpg

例えば、お店に並ぶ家具や服などの商品は毎日入れ替わる。
家の増築や公共施設の建設は次の日の朝に変化する。

また、どうぶつの森はゲーム内の時間がリアルタイムとリンクしており、
その時間帯、曜日、季節でしか起きないイベントが多い。

どこかに外出した後、「すれ違い通信」でどんな人とすれ違ったか確認したくなる。
3DSの良さを存分に生かしたゲーム。
e0149229_14581275.jpg



それと、僕はゲームの「オマケ要素」が好きで、
例えばメタルギアにある変なオブジェを探したり、カメラで写真を撮ったりとか…
「どうぶつの森」はそういう『オマケ要素だけで作られたゲーム』という感じ。

なので、ゲームの達成感とか『最速、最短でのクリア法』とかを追求するタイプのゲーマーの人には
向いてないかも。


でも、よく考えてみると「ゲームクリア」という概念って結局ゲーム会社が作り出したものだし、
それがユーザー次第だとかゲーム会社さえ予期しない使い方をユーザーが作り出せるというのが
多くの人にウケている理由なのでは?と思ったり。



■今の僕の遊び方
元々、収集癖があるので変なモノを集めて並べて遊んでいる。
e0149229_143925.jpg

企画展示室で「タイヤ」や「長靴」など、釣りのハズレばかりを集めた展覧会を企画中。
なかなかハズレが釣れない…
e0149229_14413041.jpg

e0149229_14414429.jpg

リメイクで金ピカ、銀ピカ家具を作る。これも集まったらまとめて展示を計画中。
あとは「こけし」を集めたりとか…

e0149229_14431363.jpg

最近、喫茶店がオープン。
e0149229_1445199.jpg

e0149229_1446308.jpg

友人が遊びに来た時。複数人で遊ぶとおもしろさ倍増。


こんな感じです。

というわけであんまりまとまってないけど、「どうぶつの森」超おすすめです。ぜひ。

e0149229_14585472.jpg

キックしてる風。

あと、持ってる方は僕の村にも遊びにきてね〜
→【夢番地:1700-0476-6814】


<参考>
ほぼ日の「とび森」に関する記事
とびだせどうぶつの森はなんでこんなに楽しいんだろう
みんなでとびだせどうぶつの森

社長が訊く「とびだせどうぶつの森」

「とびだせ」の話ではないけど制作過程の話がおもしろい
第19回『どうぶつの森』 デザインチーム座談会
ゲームセミナー2008「どうぶつの森」ができるまで
[PR]
# by weeklydennpagraph | 2013-01-11 09:48 | おもしろ
続・細金卓矢さんの映像がカッコいい 〜誤作動とおでん〜
以前 紹介した細金卓矢さんの新作。動画埋め込めないので是非リンク先で。


■Silonibari
e0149229_10113175.jpg

動画

NHKの「テクネ」で紹介されていた作品。
e0149229_1012765.jpg

iphoneの「パノラマ撮影機能」を誤作動させ撮影した写真で制作している。
番組内でのメイキングがすごくおもしろかった。



■Song of Oden
e0149229_10114270.jpg

動画

おでんを食べるアニメーションなのだが、その描写がすごくて口の中におでんの味が広がってくるよう。
大根にカラシのっけて箸で切るとことか、卵割った時の湯気とかこんにゃくのプルプル感とか…

おでんと日本酒が欲しくなる…





関連過去記事>>>細金卓矢さんのPVがカッコいい
[PR]
# by weeklydennpagraph | 2013-01-04 10:09 | 動画
The Amazing iOS 6 Maps
e0149229_21234921.jpg

>>>The Amazing iOS 6 Maps

「iPhone5」以降にはgoogle mapが搭載されなくなった。
以降のiPhoneにはapple独自企画のmapアプリが搭載されることになったが、
いかんせんリリースして間もないので、名前がメチャクチャだったり
建物の名前が違ったりとバグが多いことで話題となった。


と、ここまでは普通のニュース。
マップアプリには3D表示機能が標準装備されているのだが(現在はニューヨークなどしか表示できない)
この3DCGも非常におざなりで未完成の代物。
衛生からの航空写真に三次元のデータを無理矢理かぶせて
プログラムによりオートレンダリングされた「都市」は
道路は歪み、道には穴が空き、解像度の低いビルの壁面はスラム街か廃墟のようである。

地図としては役に立たないが鑑賞物としては非常に魅力的で見応えがある(しかも無料)。
コレ見るためにiPhone5にしようかと一瞬…

tumblrが作られていたので画像の一部を紹介。

e0149229_21215881.jpg

ビル、ガビガビ。

e0149229_21222713.jpg

ジェットコースターも真っ青。



e0149229_21265038.jpg

時空が。

e0149229_21434986.jpg

e0149229_21461354.jpg

橋の下が完全に埋まってるのが味わい深い。

e0149229_21224193.jpg


e0149229_21225440.jpg

超巨大な岩。

e0149229_21231188.jpg

車がアスファルトと融合してキモイことに…


いいね!
プログラミングだとかバグだとかの「人の意図を越えたところで生まれたモノ」には
もう、どうしようもなく魅力を感じる。

参照>>>The Amazing iOS 6 Maps
[PR]
# by weeklydennpagraph | 2012-11-30 21:39 | 画像
素敵ゲームバグ動画 「skate3」
■Skate 3 funny stuff compilation part 2


skate3」というPS3用のスケボーゲームのプレイ動画。
なんですが、もう大変なことになってる。とりあえず見てみてください。


ドンブラ粉…?


仲間をワナにはめたり


通行人やモノであそんだり

バグの挙動も最高ですが、編集がすばらしい。
BGMもなく淡々と紹介してる感じ。たまにスローになるとことかすごくいい。
以前紹介した「GTAスタント動画」とも共通する美意識を感じる。

こういう動画は何時間見てても飽きないな〜


ゲームのバグ動画だと、これも面白いです。
■バグったハイパーオリンピック イン アトランタ

ありえない数値なのに得点はちゃんと計算してるのがいいね。
棒高跳びで記録2000kmとか。

関連過去記事>>>GTAスタント動画が好きすぎてヤバイ
[PR]
# by weeklydennpagraph | 2012-10-11 00:08 | 動画